[セミナー・講習会][順天堂] 2020年3月5日(木)18:00~19:30 令和元年度 臨床研究研修会「臨床研究におけるQuality Management (モニタリングと監査の違い)」

会合のタイトル 令和元年度 臨床研究研修会「臨床研究におけるQuality Management (モニタリングと監査の違い)」
開催日時 2020年3月5日(木)18:00~19:30
会場 順天堂大学 御茶ノ水キャンパス センチュリータワー北405、406(東京都文京区)
https://www.juntendo.ac.jp/university/about/establish.html
主催 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研究・治験センター 事務局
事前受付
参加費 無料
対象者 臨床研究・治験等の研究支援者、研究者等
難易度 中級
概要 ■研修会テーマ

「臨床研究におけるQuality Management (モニタリングと監査の違い)」

「臨床研究法」および「倫理指針」においてモニタリングと監査が一部義務付けられました。モニタリングと監査は、Quality Managementの一つであり、臨床研究の品質を管理する上で重要な仕組みですが、多くの臨床研究は、資金も人も限られた中で実施しなければならず、如何に求められる品質を効率的に維持するかが、課題となっています。
Quality Managementは、目標とする品質を決めて、効率的に管理していく仕組みであり、その本質を理解することで、適切に臨床研究を進められると考えています。
今回は、Quality Managementの基本的な考え方を中心にモニタリング、監査について説明させて頂きます。

■講師
日本臨床試験学会 理事/株式会社リニカル 育薬事業部
吉田 浩輔先生

主に研究者支援者を対象としておりますが、研究者を含めた幅広い方々にご参加いただけますと幸いに存じます。

問い合わせ先 TEL: 03-3814-5672 E -mail:juntencrc@juntendo.ac.jp
添付ファイル 順天堂大学 研修会参加申込書